ROCKER 40歳のロック☆デビュー(特別編) [DVD]

ROCKER 40歳のロック☆デビュー

20年前、メジャーデビューを目前に控えていた「 ヴェスヴィオス 」というロックバンドがありました。
レーベルから契約の条件として、ドラムの フィッシュ の代わりに社長の身内を入れるようにと言われ、始めこそ抵抗したものの、やはり夢の実現が大きく見えてしまって、残りメンバーの3人はフィッシュを裏切ってデビューすることを決めます。

その後、ロックといえばヴェスヴィオスと言われるほどの売れっ子バンドに成長。
一方、夢目前にしてメンバーからの裏切りにあい、自暴自棄な生活を続けるのが フィッシュ

何をやってもうまくいかず、いつも20年前のあの日が頭の中にあり、ヴェスヴィオス を見たり聞いたりすると歯止めが利かなくなるほど暴れてしまいます。

彼女とも別れ、住むところを失った(居候していた)彼は、姉夫婦の家に転がり込みます。(また居候)

姉の長男(ぽっちゃりで、オタク系)が、ロックバンドに参加しており、間もなく開催される高校の卒業パーティーで演奏する予定だったのですが、ドラムをやっていた子が退学になってしまい、メンバーに空きが出てしまいます。メンバー探しに四苦八苦する中、長男がぼそっと言います。 「叔父さん、超有名バンドのドラマーだったんだ」

早速、1夜だけのバンド参加をお願いしに行き、渋々ながらも了承を得ます。

卒業パーティーでは、最初のうちはうまくやっていたものの、20年振りの観客の前での演奏に興奮してきてしまい、 最後は悪乗りしすぎで大顰蹙を買う フィッシュ

しかしながら、ボーカルの子の才能に惚れた フィッシュ は、謝罪しながらも、演奏旅行の提案をします。そこまで本気の活動をするつもりのなかった彼らですが、 フィッシュ の迫力に押されて、メジャーデビューを目指すことになっていくのですが・・・という感じの映画です。

面白いところもありますけど、そんなに面白くないです。
主役の フィッシュ 自身に魅力がないですし、ボーカルの子にも引きつけられるような歌唱力がなかったので。

同じバンド系なら テネイシャスD とか、スクール・オブ・ロック とか、プッシーキャッツ(サントラ買っちゃった)のほうが良いかな。
ラブソングができるまで も良いです。

評価 4点
★★★★☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です