前回の記事では、不満点をたくさん並べてしまったので、良いところも書いておかないと機嫌を損ねるかもしれません。ということで、良いところを書いていきましょう。

オープンが最高に気持ち良い(夏はムリ)

昨年の12月に納車されてから、雨以外はすべてオープンにして、夏手前までドライブしていました。

私の住んでいるところは、生活時間帯では氷点下にならないので、一番寒いときでも2度(車に付いている温度計)だったかな。
さすがに寒いことは寒いんですけど、サイドウィンドウを上げていれば、防寒具と暖房、シートヒーターでなんとかなりますし、よく使われる表現ですが、露天風呂気分です。

逆に夏は厳しい。
気温というよりも、直射日光にやられる感じ です。

特に今年は暑かったので、帽子だけではなかなか厳しかった。
直感が「命に関わるからやめておけ」と言ったときは、おとなしく屋根を閉めていました。
早朝とか、夜間ならオープンでも大丈夫かな。

オープンカーに乗ったことが無い人からすると、夏の乗り物的なイメージがあったりすると思いますが、完全に冬の乗り物ですね。寒いほうが快適です。

オープンにするのが簡単。

屋根に付いているロックを2箇所外したら、あとはボタン操作だけ。
運転席に座ったままできるので、気軽に開けたり締めたりできます。
20秒程度なので、長めの信号なら、信号待ちの間にできちゃいます。

ボタン操作は、ちょっとだるい。
開ききるまで、あるいは締め切るまで、ボタンから手を離すことができません。

あと、完全に停止状態でないと操作できないので、開閉途中で信号が青になったら最悪。(私は未経験)

このあたり、専用キットが出ているので対策しようかなと思っています。

けっこう荷物が載る。(でも、載らない)

どっちだよって話ですが、クローズ状態だとけっこう荷物が載るんです。
公式ではゴルフバックが載りますとか説明してあります。

ただ、オープンにしたときは、荷室の大部分を屋根が占めることになるので、載る量は激減。

それでもちょっとした買い物くらいだったら楽勝だし、助手席にも載せられるしね。

面倒なのは、オープン時にトランクを開けると、荷物を出し入れする開口部がかなり狭くなるところ。わりと大きな荷物を載せていると、途中まで屋根を持ち上げてあげないと取り出せません。まぁ、スイッチ操作だけだし、大した手間ではないか。

洗車が楽。

小さいからね、洗車があっという間に終わりますよ。
ちょっと汚れが気になったときなんかにささっとできるのは良いね。
屋根が低いから、脚立要らずというのもポイント高い。

運転が楽しい。

軽自動車なので小回りが効くし、小気味良い反応なので自分の意図通りに操っている感があります。この運転している楽しさというのは、車に乗るうえで一番大切かも。

車体そのものの良さもありますが、ステアリングは MOMO ですし、シートはバケットタイプの RECARO というのも、心地良さにプラスされているかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です