2年目のジンクスはどこへやら。

Luka Doncic の怪物振りは2年目でさらに増し、シーズントリプルダブルに近い活躍。

さらにチームを久し振りのプレイオフへと導く原動力となりました。

シーズン
項目数字順位
PTS28.86
AST8.83
REB9.424
プレイオフ
項目数字順位
PTS31.02
AST8.74
REB9.813

やばい、Gutenberg で表の使い方が分からん(笑)

尚、シーズン中のトリプルダブルは17回(全試合の約30%)で1位でした。

その他にもいろいろな記録を作りまくった2年目は大成功ではないでしょうか。

そんな Luka Doncic ですが、今季の No.1 プレイを挙げるなら、プレイオフのオーバータイムで決めたブザービーターですね。スーパースターが通る道。

歴史的な瞬間をいろんなアングルでお楽しみ下さい。

その他、レギュラーシーズンのハイライトと、プレイオフのハイライトを貼っておきます。

レギュラーシーズンのハイライト。
プレイオフ(キャリア初)のハイライト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です