コールド・バレット 凍てついた七月 (字幕版)

概要

深夜、物音で目を覚ました主人公は、父親の形見である拳銃を手に、音の元へと向かいます。

そこには不審な人物がおり、拳銃を向けて威嚇しますが、ビビって引き金を引いて射殺してしまいます。

もちろん、正当防衛ですし、不審人物は指名手配犯であったので、不運な事故として処理されたんですけど、静かな田舎町で起きた出来事が街中の噂になり、他人の目が気になるように。

そんな中、指名手配犯の父親が現れ・・・。

感想

気弱で善良な市民が、ある出来事をきっかけに、人生が一変してしまうという作品です。

最初は、指名手配犯の父親から命を狙われる恐怖を描き、そこから大きな転換があるのが面白い。全然期待せずに観始めたんですが、思わぬ拾い物でした。

主人公は設定通りの一般人で地味なんですけど、指名手配犯の父親(Sam Shepard)、その知り合いの探偵(Don Johnson)が、ともに渋くて素敵なおじさまで、観ていて楽しかったです。

出演者

Embed from Getty Images

評価

評価 8点
★★★★★★★★☆☆

予告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です