エディタはemacs系をずっと使っています。
FreeBSDのときはmuleがメインでした。
その後、Windowsではxyzzyをずっと使い続けています。

emacs系のキーバインドだと、ホームポジションをキープしながら、カーソルをひょいひょい移動できたりして、便利なんですよね。

最近、自宅使っているLinux Mintでは何を使おうかなと思案していまして、王道のemacsで行くか、デフォルトで入っているメモ帳みたいなもの(Windowsのメモ帳より全然高機能です)にしておくか・・・。

ちょくちょくネットで情報を集めていたところ、
「恋するテキストエディタ」 という記事を発見。

それが sublimetext でありました。

ということで、Mintに入れ、ついでにWindowsにも入れて試用中。
プログラムを書く人にはすごく受けが良いようです。
試しにhtmlを書いてみましたが確かに便利です。xyzzyでもある程度できるけど、ちょっと太刀打ちできないかしら。

多くのプラグインがパッケージとして用意されているだけではなく、エディタの中でそれらを選択すると自動でインストールが行われてしまうという素晴らしさ。
もちろん、emacs系のキーバインドに変更するものも用意されています。早速入れましたよ。

日本語入力の部分でもう少し改善されるといいなと思っていますが、なかなかの完成度。
使用者が多いためか、検索すれば情報がたくさん出てくるので困ったときも楽ちんです。

一度お試しあれ。

Sublime Text
[browser-shot url=”http://www.sublimetext.com/” width=”300″]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です