男子シングルのショートプログラム前に行われた練習で腰を痛め、そのまま棄権となりました。
元々、その身体は満身創痍と伝えられていましたので、団体の金メダルに貢献したことさえ奇跡なのかもしれません。

「半月板損傷」「鼠径ヘルニア」「椎間板損傷」等で大きな手術を繰り返しています。半月板は除去され、椎間板は人工のものを4本のボルトで固定している状態。強い痛みから、人間用の痛み止めでは間に合わず、8年前から馬用の痛み止めを使用していた等々、ずいぶん前からボロボロのようです。

棄権した後、皇帝は引退を表明しました。
寂しいですが、ゆっくり休んで欲しいですね。

私もそれほど詳しくは無いんですけど、全盛時の プルシェンコ を超えるような選手は現れるんでしょうか。
技術とか得点だけではなく、魅せるスケーティングが素晴らしいですよね。

2004年 技術点オール6.0 「ニジンスキーに捧ぐ」

とにかく美しいです。

2002年 冬季五輪 「カルメン」

SPのミスで出遅れたため、かなり気合の入った演技です。
Youtubeでは「やけくそカルメン」とピッタリのタイトルが。
この時、19歳。今の羽生くんと同じですね。

2005年 エキシビジョン

Tom Jones の「Sex Bomb」に乗せてストリップを披露。
もう言うことはありません。
観客を楽しませるということが大好きなんでしょうね。サービス精神が豊富で素敵です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください