強い選手、巧い選手、トリッキーな選手等々、いろいろな選手で構成されているボクシング界。
観戦者の楽しみ方もそれぞれかと思いますが、最近私がワクワクしながら観ている選手がカザフスタン出身のWBAミドル級王者 ゴロフキン です。

フルネームが Gennady Gennadyevich Golovkin ということで、GGG がニックネームになっています。

アマチュア時代から活躍していて、世界ボクシング選手権で金メダルを獲得。オリンピックは惜しくも銀メダルでしたが、アマチュア時代の戦績は345勝5敗というとんでもないものになっています。
プロに転向してからもいかんなくその強さを発揮していて、28戦28勝25KOというパーフェクトレコードです。
特筆すべきは90%に達しようというそのKO率ですね。タイトルを獲得したときもKOですし、これまで9度の防衛に成功していますが、これまたすべてKOでの勝利です。

プロ、アマ通じてダウンの経験もなく、試合を途中で止められての敗戦もありません。
先日の試合ではこれまでと違って、けっこう良いパンチももらっていて、ちょっとディフェンスに難があるのかなという感じもありました。でも、倒れるほど利いたパンチも無かったようで、うまいこと芯を外しているのか、とんどもなくタフなのかどうなんでしょうね。
今後、もっと強い選手と当たるようになったら、そのあたりが心配どころかな。

最近は知名度とともに人気も急上昇中。
本人は強い選手との戦いを希望しているようですが、あまりに強いのでなかなかビッグマッチが決まらないようです。

ここまでの紹介だと、ものすごくいかつい選手をイメージするかと思いますが、とっても可愛らしいお顔で、そのギャップに萌えます。女性ウケも良いと思いますよ。

ということで、今、私が最も注目しているボクサーの紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です