21世紀版 マーフィーの法則

昔、マーフィーの法則 という経験則が流行りましたが、最近私がよく遭遇しているのが、

「何か見ようかなとテレビをつけたときは、きまっていつも55分(CM)」 です。

仕事で帰宅が遅くなったときは、特に確率が上がります。

そんなときは録画してあるものに切り替えますが・・・。
何でだろう。

久し振りにマーフィーの法則を読みたくなりました。

知らない方のためにちょっと例を。

〈落下の法則〉
バターを塗った面を下にして食パンが着地する確率は、カーペットの値段に比例する。

〈機械の原則〉
機械が動かないことを誰かに証明して見せようとすると、動きはじめる。

〈作業場の法則〉
作業場で道具を落とすと、もっとも手が届きにくい隅(すみ)っこに転がり込む。

〈上記の補足〉
その際、必ず落とし主のつま先に当たってから、その隅っこに行く。

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です