日本の震災に対して、各試合で黙祷が捧げられていました。

バルサのホームでは電光掲示板に 「バルセロナは日本とともに」 という日本語メッセージが映し出される中での黙祷。
地震直後だった先週の試合ではバルサとセビージャの選手たちが、「頑張れ、日本!僕らは君と共にいる。」 という大きな横断幕を持ってメッセージを送ってくれました。

他の試合会場でも、日本の人たちが元気になるようにと、いろんな形で配慮していただいております。
ありがたいことですね。

驚いたのがバレンシア。
先週末に行われたホームゲームのセビージャ戦で、なんと ユニフォームの名前をカタカナ表記にして 試合に臨んでいました。

ソルダード とか、ホアキン とか マタ とか書かれているんです。

感動ですよね。

喜んで のぶりん に試合を見せました。

k-kaz 「ほら、カタカナで書いてあるよ!」

のぶりん 「何で? 何のために?」

のぶりん 「これって意味あるの?」

k-kaz 「・・・・・・・・・・読みやすい・・・じゃん」

のぶりん 「・・・」

私の応援チームランキングではセビージャのほうが上ですが、この日はここまでしてくれたバレンシアを応援しました。

0-1 で負けました。

まぁ、良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です