Operaには コンテンツブロック という機能が標準で付いています。
サイト上の見たくない広告(主に画像)をクリックすると、次回から表示されなくなり、精神衛生上も良いですし、表示も速くなります。(きっと)

Chromeでは、AdBlock+ Element Hiding Helper というエクステンションがありまして、こちらはさらに優秀です。要素で選択できるので、テーブルとかボックスとかそういう単位で消すことができます。 これだけのためにChromeに乗り換えようかとも思ったくらい。

Operaのユーザースクリプト(UserJS)にも無いかなと探していたら、Opera11の公式エクステンションで、同じような動きをするものが公開されていました。
Opera11はalpha版ですけど、これだけのために乗り換えようかと思いました。 紹介されていたページをよく読んでみると、Opera10でも使えるようにとUserJS版も用意されていると書かれているではありませんか。

早速配布サイトに飛んで入れてみました。
もう少し使いやすくなると良いと思いますが、これまでのことを考えると大きな前進です。出たばかりなので、これから改良が進んで、良いものになっていくと思います。ありがとう、作った人。(昨夜、25時まで遊んでしまって寝不足です)

NoAds.
http://my.opera.com/Lex1/blog/noads-noscript-adblock-2

ちなみに JavaScript を実行しない No More Scripts も併用しております。
これも便利。ONとOFFが簡単に切り替えられるしね。

考えてみると、この NoAds. は、Chromeを検討してみたからこそ発見したわけで、Chromeにも感謝しないといけません。いつもとは違う別のものを触ってみるというのも、発見があって良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です