お通夜は19時からで、それまではすることもありません。
とりあえず、起床と同時にお風呂へ入って、朝食(朝から白米って、旅行以来です)をいただいてから、1時間ほど散歩をしました。

散歩中に見付けた斜めの高いタワー、それからラクテンチ(遊園地)が気になったので、行くことに決めました。

タワーは、 おとん おかん も行ってみたいということで、一緒に向かいました。
グローバルタワー と言い、全長125m、展望台は地上100mに位置し、別府を見渡すことができる観光スポットです。日本夜景遺産にも認定されているくらいですから、夜に訪れると良いと思います。

別府公園

家のそばにあれば良いのになとうらやましくなるほど、広くて美しい別府公園を抜け、グローバルタワーの受付で入場料300円を支払って、展望台までエレベーターでグーンと上りました。

グローバルタワー
グローバルタワー

薄々気付いていましたが、私って高いところダメみたい。
景色が良いことは十分に分かりますが、足がすくんで楽しめません。

別府は温泉の街ということがよく分かります。あちらこちらから湯気がモワモワと上がっているのが見えました。

別府公園と別府市内
別府公園と別府市内

戻る途中で見付けた3Qカットで散髪をして帰宅。
お風呂ですっきりしてから、1人でラクテンチへと向かいました。
ラクテンチ は、1929年に創業した老舗の遊園地です。

ラクテンチ

1人遊園地 ってけっこう勇気が要りますよね。 (普通、行かないわ)
入場料は1,000円なのですが、JAF会員は100円引きです。さらにキャンペーンと重なって、800円で入ることができました。ラッキー。

入場券
入場券

ここは入場口からすぐに中へ入れません。
傾斜30度の急勾配 を可愛いケーブルカーで上ります。 これがけっこう怖い。

下から上に向かうケーブルカーと上から下に向かうケーブルカーが交差するときに、相手のほうに手を振るローカルルール があり、案内役の お姉さん 「皆さん、ご一緒に、バイバーイ!」 とするんですが、さすがにこれは 恥ずかしくて出来ませんでした。

ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカーとお姉さん
ケーブルカーとお姉さん

ケーブルカーの到着口から少し歩くと、有名なアヒルレースのコーナーがあります。
このレースだけ、私の記憶(幼少時)に残っています。

お母さんに連れられた小さな女の子とともに、 早速私も 賭けてみました。
訓練されたアヒルさんたちは、おじさんの言うことをきちんと聞きます。

歩けと言えば歩きますし、お客さんのほうを向けと言えば向きます。
「さぁ、どの子が速いかな?」 というおじさんの声を聞きながら、100円を託すアヒルを定めます。

k-kaz 「赤にします」

アヒルの首に巻かれた紙テープの色と同じものを奥さんからもらい、それを握り締めてレースの開始を待ちます。

おじさん 「それいけー」

先頭集団の中に赤アヒルを探していましたが、見当たりません。
残念ながら私の赤アヒルはビリだったのです。

http://www.youtube.com/watch?v=vFT9-luQkeQ(動画を親戚の人たちに見せたら、ここまでひどいのは見たことないと褒められました)

この日は、●●幼稚園と、●●保育園の遠足があったようで、ちっちゃな子とお母さんがたくさん居て賑やかでした。

気のせいだと思いますが、1人でブラブラしている私を見るお母さんの目が、危ない人を見るような感じでした。

その後、帰りの時間がやってきたようで、幼稚園児と保育園児は去っていきました。
そしたら、 恐ろしいほど園内はガラガラになりました。

可愛いヤギさん
可愛いヤギさん
園内の様子
園内の様子

ここでさらに勇気を出して、乗り物に挑戦。
乗り物は1回300円ですが、1,000円で5回乗れるというお得過ぎるチケットが売られていたので、そちらをゲットしました。

怖かった順

1.観覧車

観覧車
観覧車

縦の棒の上と下にいわゆる一般的な観覧車が存在し、それぞれが回転します。
途中で、上と下が入れ替わるようになっており、その瞬間に回転が止まって、ぶらんぶらんとカゴが揺れる ため、かつて味わったことのない恐怖がやってきます。

2.吊り橋

吊り橋
吊り橋

歩いているときは良かったんですが、真ん中辺で写真を撮ろうとした瞬間から 恐怖心がモリモリ してきました。

3.お化け屋敷
地面が揺れるとか、上から空気がブシューっときたりとかが怖かったです。 思わず声が出ました。 人形とかは平気でした。

4.ジェットコースター
古いので壊れるんじゃないか という、ちょっと違った恐怖が味わえます。

その他の乗り物。

サイクルモノレール
サイクルモノレール
(1人で乗っている人、見たことない)
ロマンスカー
ロマンスカー(驚きの全自動!)

2時間半、楽しみました。
帰りのケーブルカーに乗っていると、 おかん から電話が掛かってきて、15時半から葬儀社の人がやってきて、祖母 に服を着せたりするから戻ってきてと言われました。おとん から、「17時までに戻ってくれば十分だ」 と言われていたので慌てました。

帰宅すると、 親戚の方々が喪服姿で集まっています。
着替えようかと思いましたが、そのままで良いと言われて、1人だけカジュアルな格好でお手伝い をして、最後に棺へと入れさせていただきました。

すぐに着替えて葬儀場へ出発。

19時からなので3時間ほどあります。
1時間ほど親族の控え室で談笑してから会場へ。

私達は親族席に座り、人が来たらお辞儀して、お焼香が終わったら立ってお辞儀して座るというのを何度も繰り返しました。

時間になり、お坊さんがやってきて読経と説法(長かった)をして終了です。
控え室に棺を移動して、そこで食事をとって21時頃に葬儀場を出ました。
お線香を切らしてはいけないので、何人かはそこに泊まりです。

おとん が泊まり組だったので、ゆっくり眠れました。

祖母、亡くなる
2010/10/20
2010/10/21 ←いまここ
2010/10/22
2010/10/23
2010/10/24

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください