レギュラーシーズンが始まって、1ヶ月ほど経ちました。

開幕前に予想された展開通りの部分もあれば、そうでない部分もあって、やっぱり実際に始まると面白いですね。

Mavericks

オフに大きな動きはなく、新規加入選手もいまいち。

ここまでスタメンに割って入るような活躍をする新規加入選手もなく、なんのために獲得したのかよく分からないことになっています。

まだフィットしていない部分もあるんでしょうけど、それにしても印象が薄すぎ。

無理してそういう選手を使わず、若手を積極的に使えばと思うんですが、全然出番無し。

Luka Doncicは延長契約してくれましたけど、別のチームに去ってしまわないか、ドキドキしております。

Warriors

ここ最近のシーズンは華麗な成績から、一気に地獄へと堕ちたわけですが、低迷期の2年間でしっかり若手の育成、優秀なロールプレイヤーの確保(安価に)を行い、今シーズンはまさかの首位を走っております。

ここに2年連続で大怪我をして、シーズン全休x2だったKlay Thompsonが来月には復帰するということで、楽しみしかありません。

シーズン勝ち負けメモ
14-156715NBAファイナル優勝
15-16739NBAファイナル敗退(準優勝)
16-176715NBAファイナル優勝
17-185824NBAファイナル優勝
18-195725NBAファイナル敗退(準優勝)
19-201550
20-213933
21-22152現在、ウェスタン・カンファレンス 1位

Warriorsのバスケットは、ボールがぐるぐる回り、選手も走り回るので、観ていて面白い。

Mavericksの試合は正直詰まらなくて、Luka Doncicだけを観ているような感じ。(だから欠場していると早送り率が高くなる)

Mavericksは、またプレイオフ1回戦敗退かな。あるいは2回戦くらいまで行く?

Warriorsは、下手したら優勝争いに絡んじゃうんじゃないかという勢いで楽しみ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください