これまで使っていたモニターは、パソコンと同時に購入したDELLの24インチで、FHD対応のもの。

もう、7~8年前のものです。

そう考えると、けっこう物持ちが良いように思う。

一般的な感覚からすると普通かもしれないけど、新しいモノ好きの私からすると、ものすごいことです。

パソコンもそうよね。

7~8年使っていても、まだまだ現役で使っているんだから。

まぁ、Linuxにしているから、OS自体が軽いというのもあるのかな。

話は戻りますけど、モニターの話。

とくに買い換える必要性は感じていなかったんですけど、PS5のせいなんですよね。

PS5って、4K対応なんですよ。

あと、リフレッシュレート高いんですよ。

今のモニターだと、せっかくのPS5なのに、映像面では性能を活かしきれていないんですよ。

ちなみに、PS5とパソコンのモニターは共有です。

ということで、買っちゃうわけです。

でも、4KのIPS液晶って、めっちゃ高いんです。

軽く10万超えるんです。

ネットでいろいろ調べて、WQHDでもわりと十分という記事を多く見かけたので、そこを落とし所にしました。

WQHD、IPSで、安くてそこそこ人気のモニター(BenQ)を買いました。4万円台です。

買ったのは、のぶりんですが。

私が利用するネット通販よりも、楽天タイムセール中に買うと総合的に安い(ポイントがたくさん付く?)ことが分かって、楽天を使っているのぶりんに買ってもらいました。

その後、毎月のお小遣いから、5,000円引かれています・・・。

買ってから分かったんですけど、私のパソコンに付いている昔のRADEON(グラフィックボード)は、FHDまでしか対応してなかったんですよ。

表示はされますけど、納得いかないじゃないですか。

画面サイズが3インチアップ(24→27)したのに、元のFHDのままだと、拡大表示されている感じで、ちょっとぼんやりな画面なんですわ。

え?パソコン買っちゃう?

ということで、続きはまた今度。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください