車関係、主に電気系の話であります。

配線コードとか、端子とか、そんな感じのものです。

ここの分野に超強いのが、エーモンという会社。

カー用品店とか、ホームセンターの車コーナーなんかに行くと、棚にズラッとエーモン製商品が並んでいます。

パッケージの台紙なんかに、パーツの使い方も詳しく載っていますし、ホームページも充実していて、まさに初心者の味方。

今まで何度となくお世話になりまして、現在ももちろんいろんな場面で助けられております。

そんな車DIY初心者の私ですが、あるとき知ってしまったのです。

エーモンよりも安いパーツがあることに。

しかも、モノがまったく同じ。

OEMみたいな形でエーモンに卸しているのかなと思いつつ、普通ならデザインを若干変えたりするよなーと不思議に思う私。色を含めたデザイン、刻印されている型番までまったく同じという、ある意味潔い販売の仕方であります。

たとえばコレ。

細線用の接続コネクタなんですけど、Amazon だと580円(税込)です。

モノタロウだと、エーモン製 8個入り 417円(税込) となり、163円お安く買えます。

上記は同じものを別サイトで比較しただけですが、問題となるのは同じモノタロウで売っている別メーカーの同一商品です。

それがこちらの、ニチフ製 20個入り 329円(税込) で、さらに88円お安く買えます。

しかも、数量に注目です。こちらは20個入りです。

エーモン製は1個あたり、約52円。(Amazonは72.5円)

ニチフ製は1個あたり、約16.5円。

めっちゃ安い。

ということで、仕様とか、ホームセンターの売り場とかの知識が入ってくると、こういう発見があって楽しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください