メインコンテンツのひとつである「マイキャリア」を始めました。

自分の分身を作って、高校(ちょっとだけ)から大学またはGリーグ、そしてドラフト会議を経てNBA選手になっていくというストーリーのモードです。

高校、大学の頃はわりと活躍できるんですけど、NBAに入るとやっぱり一流選手ばかりですから、最初のうちはベンチスタートで、プレイ時間もちょっと。結果もほとんど出ません。

試合を重ねたり、トレーニングに参加しながら、能力値を上げていき、少しずつ活躍の幅が広がっていくのが面白いところですね。

今回、風邪ひき中にスタートさせたので、肝心のストーリーをじっくり堪能する余裕もなく、スキップしまくりで進めたため、周囲の人物だったり、自分が置かれている状況だったり、よくわからないまま、NBA入りしてしまいました。

一通り遊んで満足したら、また別のキャラクターを作って、最初からじっくりやってみます。(いろんなタイプが作れるので、何度もやれるのです)

NBA2K20 から NBA2K21 になって、一番の変更点がシュートです。

シュートゲージも変わっちゃったし、操作方法も変わっちゃった。(従来の操作方法も一応あるが、噂ではシュート成功率が若干劣るとか)

しかも、全然入らんのです。(下手なだけでは)

スポンスポン入っていた NBA2K20 に比べて、やたらとストレスが溜まります。

能力値が上がっていけば変わるのかもしれませんが、明らかに入らなくなった印象です。

ストレス解消のためにゲームをしているんですから、シュートという一番重要な要素はあまり変な手を加えないで欲しいなと、へっぽこユーザーは思います。

しばらく「マイキャリア」で頑張りますが、ストレス続きのようでしたら、「マイリーグ」のほうで遊ぼうかな。

「マイリーグ」では、シュートの確率とか自由にスライダーで調整できますし、それこそ最初から能力値MAXの選手を作って操作することもできます。

最悪、NBA2K20 に戻ったりして(笑)

時々、不具合修正などで更新がかかっていますので、良い塩梅にここらへんの調整が入ることを期待します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です