ご存知ない方のために概要を引っ張ってきました。

『Kindle Unlimited』は、豊富な本、コミック、雑誌および洋書の中から好きな本を好きなだけお読みいただける、読み放題サービスです。 月額980円でいつでも好きな時にお楽しみいただけます。小説、ビジネス本、実用書、コミック、雑誌、洋書など、新しいジャンルや著者の発見がきっとあるはずです。自由で新しい読書の世界をお楽しみください。

Amazon help

契約してから2年ほど経過しました。
今後も継続するつもりでいますが、これから契約しようと思う人もいるかと思うので、少し所感を。

好きな本を好きなだけお読みいただける読み放題サービス と、書いてありますけど、実際には

  1. Amazon が選んだタイトルのみ
  2. 手元に置けるのは10冊まで
  3. 漫画等のシリーズものは最初の1巻だけ対象で、以降は対象でないことが多い
  4. 検索がうんち

というような感じです。

Amazon が選んだタイトルのみ

公式では200万冊以上と書かれています。
でも、自分好みの書籍ばかりかというと、全然そうでもないですし、こんなの誰が読むんだよみたいなものや、素人作品も含まれます。

(馬鹿にしていません。素人作品も読んでいます)

手元に置けるのは10冊まで

図書館で本を借りる感覚です。
11冊目を読みたくなったら、10冊のうちの1冊は返却する必要があります。
改めて借りたいってときに kindle unlimited のラインアップから外れていることも。

いつでも読みたいんじゃ!というものについては、最終的に買っちゃうことになります。

漫画等のシリーズものは最初の1巻だけ対象で、以降は対象でないことが多い

1巻だけ試し読み的な感じで、気に入ったら以降は買ってねって売り方。
なので、読み放題という言葉とはズレを感じます。

私はそもそも漫画を読まないので、やたらとある漫画のラインナップをなくして、他の書籍を増やしてくれるほうがずっとありがたいんですけどね。

検索がうんち

パソコンのブラウザで検索する場合は 少しだけ マシになりますが、kindle や、kindleアプリでの検索はほぼうんちです。(うんち言うな)

私が希望する検索機能として、最低限下記は欲しい。
・過去に読んだものは表示しない
・発売日順に並べる

これができないから、最初のページなんかはすでに読んだ書籍で埋め尽くされ、何度も検索結果をめくることも。
そして、読んだかどうか覚えていないので、いちいち書籍を開いてみないといけない。開くと、「2020年●月●日に借りました」と出る。これも昔は出なかった気がするので、多少改善されたのかな。

まとめ

まぁ、ユーザーフレンドリーすぎると、有料本が売れなくなるということで、あえてやっているんでしょうけど、けっこうストレスが溜まります。
私が読むジャンルの品揃えも減ってきている気がするのも、ヤな感じ。

いくつか不満点を書きましたけど、良いサービスですよ。
普段読まないような本を読むきっかけにもなりますし、うまく合致すれば月額980円なんてあっという間に回収可能です。

私みたいに kindle unlimited の範囲ですべてこなそうとするケチな性分の人は、上記のような不満は出ますけど、必要なときは有料本買えばいいじゃんという心豊かな方であれば、全然不満はないかと思います。

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です