HomeAway
Game1TOR
118
GSW
109
Game2TOR
104
GSW
109
Game3GSW
109
TOR
123
Game4GSW
92
TOR
105
Game5TOR
105
GSW
106
Game6  
Game7  

昨日、Game5 が行われました。

左の表を見るとお分かりの通り、ホームコードアドバンテージとは一体何だという感じです(笑)

Game2 は GSW が勝利しましたが、Klay Thompson と Kevon Looney が負傷退場し、続く Game3 では2人とも欠場。

KD は相変わらずずっとお休みで、TOR が王手(3-1)をかけた状態でホームのトロントに戻ったのが Game5 です。

今シーズンはもう出てこないと思ったKDがスタメン復帰するというサプライズがあり、そのKDがいきなり爆発するのもさすが。

これは一気に GSW に波が来る!と思ったのも束の間、KD が 2Q に右足のアキレス腱を痛めて再び離脱(無理してたんでしょう)し、暗雲漂う展開に。

その後、ホームの TOR が逆転し、残り2分で6点リード。そして、TOR ボールという、かなり有利な条件でクラッチタイム突入。

さすがに負けたかと思いましたが、そこから、Klay Thompson、Stephen Curry、Klay Thompson と3連続スリーが決まって逆転に成功。その間に DeMarcus Cousins が何度も勢いに水を差すファールなどをしていましたけど、ここが王者の経験値なんでしょうか。

TOR も必死に抵抗し、1点差まで追い詰めたものの試合終了。

GSW にとっては首の皮1枚繋がったまま、ホームに戻れることになりました。

でも、あと2連勝しないと優勝できません。

TOR はあと1勝で優勝。

そして、GSW は怪我人続出なので、かなり厳しい戦いが続きます。

正直、TOR が有利かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です