いよいよ、カンファレンス決勝が始まります。

東:MIL vs TOR
西:GSW vs POR

しかし、昨日の TOR vs PHI の試合はメチャクチャ興奮しましたね。

シリーズ第7戦で、勝ったほうが決勝に進出するという試合。

試合時間は残り4秒、直前に PHI がギリギリのところで同点に追い付いたあとのタイムアウト明け。

もちろんラストショットはエースの Kawhi Leonard であることは誰の目にも明らかですから、ボールを渡らせないように、またタフショットにするために必死のディフェンス。

その中で放たれたショットは無情にもリングに当たって・・・こりゃダメなパターンと思ったら、トントンと跳ねて、すとんと吸い込まれていきました。

映画でもこんな展開無いだろうというくらいのドラマティックな幕切れとなりました。

私も、あの跳ね方でリングに吸い込まれるというのは初めてみました。一度当たったボールが垂直に跳ねて、吸い込まれるというのはあるんですけど、何度も跳ねて入るなんてねぇ。

しかも、第7戦のブザービーターというのは史上初だそうです。

現時点で、この Kawhi Leonard と、GSW の Kevin Durant は、スーパースターの中でも頭一つリードしているというか、違うステージにいる感じがしています。ふたりとも、今がキャリアの中で最高の状態ではないでしょうか。

今年のプレイオフは本当に面白いです。

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です