Golden State Warriors vs Houston Rockets という、昨年のカンファレンスファイナルのカードがカンファレンス準決勝で実現。

高いレベルでの対戦を期待していましたが、ターンオーバー(シュートまで行けずにボールを失う)の嵐に審判の笛にやきもきする展開で、本来観たかったところと違う部分が大きく出てしまって残念。

ファウルをもらいに行くプレイも多く、またそうと見なされて本来ファールなのに笛が吹かれないとか、あとでいろいろと物議をかもしそうな試合でした。

Golden State Warriors はなんとか接戦というか、泥仕合的な試合を僅差で制しましたが、その前に観た Boston の試合のほうがよっぽど面白かったわ。

あと、プレイオフで輝ける選手って、やっぱり居るんですよね。大舞台に強い選手。

レギュラーシーズンでいくら高いスタッツを叩き出しても、プレイオフだとまた違うんですよね。

そこもまた面白いところ。

元々凄い選手ですけど、ここ数試合の活躍は素晴らしいですね。

NBA 史上で考えても、人によっては No.1 に推すくらいのスコアラーです。

長身であれだけ動けて、ハンドリングも良く、フェイダウェイをすれば誰も届かない。

どうやって止めれば良いの?という次元です。

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です