ALL STAR での最後の攻撃。

もう試合の勝敗は決まっていたんですが、会場を盛り上げるために Stephen Curry がダンクを披露しました。

自分へのバウンズパスを空中でキャッチしてダンクする姿は、まるでダンクコンテストに出場しているかのような雰囲気。

シーズン中は、怪我をしないことを優先して、ダンクはしませんので、貴重なプレイを多くの人が目撃することとなりました。

ファンサービスを常に心掛けている選手であり、盛り上げ上手ですね。

この盛り上げ上手な部分が、いつもチームに良い雰囲気をもたらしています。

View this post on Instagram

@stephencurry30 off the bounce!

A post shared by NBA (@nba) on

華麗に決めた後、笑顔がありませんでした。

祭典とはいえ、勝負に負けるのは悔しかったんでしょうね。

そのあたり、やはり一流選手です。

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です