こちらに解説動画があります。

まぁ、観てもよく分からないので、サイトにアクセスしてもらったほうが分かりやすいかと。

アクセスすると、人物の顔がでーんと表示されますが、これは実在する人物ではなく、AI が作り上げた架空の人物です。

ページをリロードしてみてください。
その度に別の人物が表示されます。

顔には若干の違和感。
それと、背景がイマイチなところもありますけど、「AI が作った」と言われないと分かりませんね。

しかも、仕組みが凄くて、人の手が入るのは最初だけで、あとは AI がひたすら自分?で学習を続けていくそうですよ。ディープラーニングにおける GANs というアルゴリズムだそうです。

敵対的生成ネットワーク (てきたいてきせいせいネットワーク、英: Generative adversarial networks、略称: GANs)は、2014年にイアン・グッドフェローらによって発表された教師なし学習で使用される人工知能アルゴリズムの一種であり、ゼロサムゲームフレームワークで互いに競合する2つのニューラルネットワークのシステムによって実装される。

敵対的生成ネットワーク – Wikipedia

サービスとして、うまく活用できるようになると良いな。

今回の情報はこちらのサイトから。

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です