Hugo で作ったサイトのスクリーンショット
GitHub Page に公開したサイト

ついにアップできた。

でも、いろいろ弄っているうちに、

アップできなくなった。

アップ作業をすると、毎回 GitHub からメールが届きます。

Page build failure

って、メールが。

もう10通以上貯めました。

いくら貯めても、記念品と交換はできず、携帯でメールの通知音が来る度にビクッとしています。

なんか、寿命を1秒ずつ引き換えている気がする。

ネットに出ている情報がそもそも少なく、また技術者ばっかりなんで、みんな GitHub のことは分かっている前提で書かれているんだよな。

私前提に誰か手取り足取りの手順を書いておくれよ。(いいね、押すよ!)

Hugo は昔のホームページ制作とは違いますね、根本的に。

昔は html を直接書いて、更新分を FTPクライアントソフト でサーバーに手動でアップしていたんですけど、Hugo は、コマンドを使ってテンプレートに沿った投稿用のファイルを作成し、それをエディタで編集することで記事を作ります。作り方は Markdown がオススメのようです。

その後、またコマンドでビルドを行います。これで Markdown形式 から html形式 に変換したり、サーバーへ公開するのに必要なその他ファイル群が出来上がり、これをまたコマンドでサーバーへ転送するという感じ。たぶん転送するのは差分だけなので、時間はかからない。

あとは WordPress と同様にテーマファイルが用意されているので、好きなものをインストールする感じ。
トップに飾った画像も、今朝アップしたのとは別のテーマです。

ここまでわけも分からずに弄りすぎて、エラーも出るようになったので、一度まっさらにして、最初からもう一度やってみようかと思います。昨夜よりは分かってきたつもりだし。(本当か?)

それよりも、GitHub の仕組みを理解するのが先かもしれないけど、分からなくてもアップ出来るようにはしたいもんね。(結果が大事)

よし、コーヒー飲みに行こう。(現実逃避)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です