先日、DeMarcus Cousins の頭にボールをぶつけた Klay Thompson。

そんな彼が、昨日の試合で 1Q 早々にベンチへ向かって歩いていき、タイムがかかりました。

左手を気にしていたので、解説の人が「接触のときに脱臼したかもしれませんね」と。

彼はそのままロッカールームへと下がっていきました。

その後、決定的瞬間をカメラが捉えたって感じで、 左手の薬指があり得ない方向に曲がっている映像を、テレビ局は得意げに何度も流してくれました。

しかも、ドアップ。

画面に手のひらしか映らないドアップ。

もうね、映る度に「痛っ!」ってなるんです。

お願いだから、怪我のシーンは控えめにしてください。

尚、 Klay Thompson は中指と薬指をテーピングで固めてベンチに戻ってきました。

そして、コートに出てきました。

普通に20得点超えで、怪我の影響を微塵も感じさせませんでしたが、少し休んでください(笑)

連日の試合ですが、今日も元気に出ていました・・・。

さぁ、今週末はいよいよ NBA ALL STAR 2019 の開催です。

楽しみ、楽しみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です