HTTP 404、またはエラーメッセージ Not Found(「未検出」「見つかりません」の意)は、HTTPステータスコードの一つ。クライアントがサーバに接続できたものの、クライアントの要求に該当するもの (ウェブページ等) をサーバが見つけられなかったことを示すもの。また、要求に応えられない理由をごまかすためにも使われる。

HTTP 404 – Wikipedia

見付かった・・・。

知ってて気付かないフリをしていたんですけど、Search Console からエラーのお知らせが届きました。

送信された URL が見つかりませんでした(404)

その URL は、以前このブログを設置していたアドレスです。

そもそも、リダイレクトするときの .htaccess の置き場所がよくわからん。

いろいろ試した結果、こんな感じがしてきました。

/.htaccess ・・・ ルートにアクセスがあったときに動く
/wp/.htaccess ・・・ /wp/ にアクセスがあったときに動く ※元のアドレスはここと仮定しますよ。

ちなみに、ここまでで

3時間かかっていますからね。

ということで、/WP/ の .htaccess にルールを記述します。

最初は /wp/ にアクセスがあったら、問答無用で https://k-kaz.net に飛ばすように書いてみましたが、その下にある画像なんかのアクセスが出来なくなって、

文字だけの寂しいブログになってしまいました。

.htaccess は、権限関係の設定をするファイルなので、下手に弄るとえらいことになります。

さらに2時間ほどかけて、ようやくそれっぽい感じになりました。

URL のリクエストが https://k-kaz.net/wp/ で終わる場合、 https://k-kaz.net へジャンプです。

こうしておけば、画像など /wp/ より先にアドレスがくっついていれば、それは普通に処理されます。

私の理解ではそう。

たぶん、そう。

素人が分かったフリ(得意)をしながら修正していますので、良い子のみなさんにいつものお願い。

おかしなところがあったら教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です