SignalBotan

このボタンですよ。

正式名称は「押しボタン式信号機」と言うそうです。

説明は要らないかと思いますが、こんな感じ。

押しボタン式信号機(おしボタンしきしんごうき)とは、交通信号機において、歩行者の横断要求を押ボタン箱により受付、要求がある場合に歩行者信号を青にする信号処理方法である。

押しボタン式信号機 – Wikipedia

普段は、車の往来を止めないために歩行者用の信号はずっと赤ですが、このボタンを押すと青に切り替わって、逆に車側が赤になるというアレです。

私、これが超苦手で、押せないんですよね。

自分が押したことで、わざわざ車を止めてしまうというのは、心苦しいのです。

車に乗っているときに、この信号で止まったとしても、なんとも思わないんだけど。

そんな風に思っちゃうのは、私だけかな。

子供と一緒のときは押しますよ。

安全のためと、交通ルールを教えるために。

でも、1人のときは押せないんだよな。

良い子のみんなは、ちゃんと押すんだよ!!

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です