ビッグ・クラブ・パニック

概要

森の中で暮らす一家。

お父さんは、動植物の成長を促進する薬品の研究者(なぜか自宅でやっている)で、お母さんは専業主婦。一人娘は、家の前に広がる池のほとりで、小さなカニを見付け、友達になります。

カニの餌をお父さんに聞くと、雑食だから何でも食べると言われ、目の前にあった研究中の樹木になる実をちぎってはあげていましたが・・・。

数年後、えらい大きさに育ったカニから、子ガニが生まれます。子ガニは警戒心もなく、森の外へと出てしまい、発見された人間に殺されちゃうんですね。それを知った親ガニが復讐を果たしに行くという作品。

感想

今の時代に逆行し、カニはストップモーションで作られているんですね。その動きが可愛らしくて、モンスター・パニック作品のはずが、なんだか微笑ましく感じられます。

CG などに頼らず、自分たちの力で作品を作り上げる情熱が素晴らしいですね。まさに特撮という感じで、年配の方などは懐かしく思えるのではないでしょうか。

出演

主演の女の子。
作中では、そんなに美人に見えなかったんですけど・・・年月が経ったんですね。(失礼)

https://www.instagram.com/p/BsoNMsAB2IG/

評価

評価 6点 ★★★★★★☆☆☆☆

予告

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です