バーニング・デッド

概要

1846年に起きた火山の大噴火で多くの命が失われた場所。
そこにはなぜか、ゾンビも居て、彼らも溶岩に飲み込まれたのでした。

そして現在。
主演の Danny Trejo がチェロキー族の子供たちに、伝説を聞かせています。
山が欲すればすべてを手に入れることができる。生き物の命も・・・。

感想

Danny Trejo が、パッケージにでかでかと出ているし、主演と書かれていたし(Prime Video)、彼がゾンビと激しいバトルを繰り広げると思うじゃないですか。

映画の最初と最後に子供たちへ伝説を話すだけで主演ですよ。

ということで、物語は Danny Trejo とは別のところで起こり、そして終結します。

もう、斬新すぎる。

斬新といえば、ゾンビも斬新でした。

噴火した火山口から、ゾンビが飛んでくるんです。そして、口からマグマを垂らして攻撃してきます。さらに頭を撃ち抜いても死なないという、ゾンビにあるまじき設定。

そもそも、1846年になぜゾンビが発生したのかの説明がありません。
最後はゾンビがキレイに消滅しちゃうんですけど、なんで消滅したのかも説明不足で。

あ、居なくなっちゃった・・・って感じです。

出演者

Embed from Getty Images

評価

評価 6点 ★★★★★★☆☆☆☆

予告

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です