バイオハザード・アイランド(字幕版)

概要

街中はゾンビだらけ。

無線で生存者と連絡を取り続けていた主人公は、ゾンビがいない離島があり、そこへ渡るための小型ボートを提供している人間がいることを知ります。

危険を冒して、小型ボートを入手し、離島に辿り着いたのですが・・・という話。

感想

ゾンビ映画の世界では、ゾンビがいないと言われる場所が常々出てきますが、そんな場所はないというのが定石です。

ということで、本作でもやっぱりゾンビが待ち構えていました。

その島では、自警団のような形で、指揮を執るリーダーが存在し、規律の中で活動をしています。そして、その中にいる限りはある程度の安全が確保されているんですね。

不思議なのは、食料があるんです。

それも生肉。

どこから調達しているのかと思えば、人間なんですね。

人肉です。

カニバリズムです。

ゾンビになる前であれば、その肉を食べても大丈夫だということで、ゾンビに襲われた直後の人間や、役に立たない人間から肉を得ていたのです。

ゾンビより怖いのは人間でしたっていうアレですな。

出演者

主演クラスではありませんが、可愛らしいお嬢さん(Corsica Wilson)が出演しています。

Embed from Getty Images

評価

評価 6点 ★★★★★★☆☆☆☆

予告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です