ウォリアーズは Back to Back(連日の試合)でお疲れモードっぽいところもありましたが、それでも 147対140 でペリカンズに勝利。

オーバータイム(延長)を2〜3回重ねたような得点になっていますが、これはお互いの3ポイントがポンポン入ったところも大きな要因かと思います。(外のディフェンスが甘いような気も)

結果、両チームで43本の3ポイントが決まり、NBA新記録と。(毎日記録出ますね)

その中でも、やはり Stephen Curry の印象が強いですね。
追いかける展開の中、3Qに3ポイントシュートを8本放って、7本決めています。もう、圧巻のプレーです。

本日の試合、3ポイントだけに絞った動画がアップされていたので、どうぞ。

NBA 自体がハイテンポになって、攻撃回数が増えているんですよね。24秒使ってじっくり攻めるハーフコートオフェンスよりも、速攻が増えています。そのおかげで、センターの選手にもスピードが求められるように。

また、オフェンスリバウンドをとったときのショットクロックが24秒から14秒にルール変更されたことも手伝っているかなと。

これらのこともあって、得点に関する記録はいろいろと更新されていきそうです。

観ている側としては、速い展開、得点の多い試合は面白いですが、選手の疲労は相当なものでしょうね。リーグのほうも、今シーズンから連戦が少なくなるよう試合間隔の調整をしているそうですけど。

さて、いよいよ次戦は DeMarcus Cousins の復帰が予定されています。日本時間では19日(土)のお昼開始なので、生放送を観られそうです。

調子の上がっているウォリアーズの中で、うまくフィットするでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です