西地区首位のナゲッツと0.5ゲーム差のウォリアーズ。
そのナゲッツのホームで、直接対決が行われました。

首位を奪取するという気迫のこもったプレーと、全員のシュートタッチが良いというのも重なって、第1Qに51得点というNBA新記録を打ち立てました。(従来は50点)

試合は 142対111 でアウェーのウォリアーズが快勝。
Stephen Curry 31得点、Klay Thompson 31得点、Kevin Durant 27得点と、役者がそれぞれ大活躍。

途中からガベージタイムとなりましたけど、試合後のスタッツも凄かったです。
チーム平均で 60% という FG% を記録しています。上記3名だけなら 65%で、アテンプトの半分以上が3ポイントですからね。

ディフェンスもガッチリやっていたので、プレイオフモードのような試合でありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です