本日の試合で、Stephen Curry が3ポイントの成功数で、歴代単独3位となりました。

記録達成のところ(1分20秒)から再生するようにしています。

この試合は、大差がついたため、3Q終盤からガベージタイム(※)となったんですが、それまでにウォリアーズは主力3人で80得点(Stephen Curry 28点、Klay Thompson 30点、Kevin Durant 22点)をあげています。Klay Thompson は3ポイント 7/11 と大当たり。

18日には、怪我で1試合も出ていない DeMarcus Cousins が1年振りのコートに立つ予定。これでスターター5人がオールスター選手に。楽しみです。

ガベージタイム
点差が開き、勝敗が決したあとの時間のこと。
主力選手は休ませ、普段ベンチを温めている選手たちがプレーをし、試合勘を養ったり、経験を積んだり、首脳陣にアピールしたりします。

3ポイントの成功数をグラフ化してみましたよ。

NBA 3ポイント成功数
Ray AllenReggie MillerJason TerryStephen Curry
Total
2,9732,5602,2822,283
10年
1,7551,4321,3872,283+α

こうして見ると、Stephen Curry の怪物ぶりがよく分かりますね。

データはこちらから拝借しました。NBAの記録がいろいろ見ることができて面白いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です