ウィジャ ビギニング ~呪い襲い殺す~ (字幕版)

生活のためにインチキ霊媒師をしている母と娘2人。

あくまでも生活のためであり、そして頼ってくる人の心の平穏を祈っての活動です。

ある時、霊とコンタクトをとる、ウィジャ・ボード(アメリカ版コックリさん)の活用を思い付くのですが、そこから末娘に異変が生じます。

末娘がボードの前に座ると、手を触れなくてもボード上のブランシェット(これが文字を指し示す)が動き出します。

そして、本人にしか分からない質問の答えを的確に当て、ときには末娘の口を通して、死者の声が聞こえます。

娘には本物の力があると喜ぶ母でしたが・・・。

という感じの作品です。

末娘には良からぬものがとり憑いていて、その後の悲劇へと繋がっていきます。

なかなかの良作でありました。

サブタイトルが一番怖いという噂も(笑)

評価 7点
★★★★★★★☆☆☆

[kanren]

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です