Stephen Curry、Kevin Durant、Klay Thompson と、豪華な攻撃陣が注目される中、影でそれを支えているのが、Draymond Green ですね。

激しく感情を爆発させながら、チームを気持ちで引っ張る、まさにチームリーダー。コート上の激情型コーチです。

その気性ゆえ、テクニカルファウルの常連であり、試合途中でいなくなったり、罰金を取られたりと、別の意味でも楽しませてくれます。

他の選手に比べるとあまり器用なタイプではなく、気合いでプレーするタイプと思われがちですが、チーム1と言われるバスケットボールIQの高さで、常勝軍団の中でもひときわ輝きを放っています。

彼の強みは、アシスト能力と、ディフェンス能力。

特に相手のガードからセンターまで守れるそのディフェンス能力は突出しており、2016-2017シーズンはその能力と活躍が認められ、DPOY(NBA最優秀守備選手賞)を受賞しています。

2017年2月10日のグリズリー戦では、12リバウンド、10アシスト、10スティールという、得点を含まないトリプル・ダブルを達成。これはNBA史上初の快挙。

その試合のハイライトがこちら。

こういう職人的な選手、大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です