ゆーちゃん 「ねぇ、ねーね」

せーちゃん 「何?」

ゆーちゃん 「東京には、カエルいない?」

せーちゃん 「いるでしょ」

ゆーちゃん 「・・・」

花壇の花へ水遣りをしに行った際、ゆーちゃん の腕に、跳ねたカエルがピタッとくっついたそうです。

カエル大嫌いな ゆーちゃん は、ギャーギャー泣きながら家に入り、ずっと洗面所で腕を洗っていました。

上の会話は、泣き止んでから30分ほど経ったときのもの。

ゆーちゃん はカエルの居ない世界へ行きたいようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です