天才 vs 天才 とか、高速対決とか、いろんな言われ方をしていましたが、3階級制覇王者の リナレス に、下のクラスから上げてきた ロマチェンコ が挑戦した試合。

最高に痺れる試合でした。

13試合目にしての3階級制覇は史上最速。
これまでは18試合が記録でしたので、いかにとんでもないことが起きたかお分かりになるかと。

敗れたリナレス自身も商品価値を上げたと言われています。
キレッキレに仕上げていましたし、ロマチェンコ からダウンも奪いましたからね。
それを超えていく ロマチェンコ には脱帽です。

ただ、このクラスで防衛を続けるのは、体格やパワーからして難しいかもしれませんね。
かといって、下のクラスだと対戦相手がいないでしょうし・・・。

この後の動きに注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です