ジャングル・ブック (字幕版)

ジャングル・ブック

サメじゃありません。
(やっとサメシリーズを観終わった・・・)

そして、安心のディズニー映画です。

ジャングルで狼に育てられた少年の成長と、動物たちの絆を描いた作品。
大人よりも子供のほうが、観たときに得られるものが多いかなと思います。

第89回アカデミー賞において、視覚効果賞を受賞していたので、期待して観ましたが、コレはさすがでした。

たしかアカデミーの時だったと思いますが、メイキングシーンが流れたんですよね。

映っているのは主人公の少年だけ。
リアルなジャングルや動物たちはすべてCGによるもので、ついにここまで来たのかと感心したものです。

以前にも書いたことがありますが、もう実在するものは何もなくても十分作品が作れちゃいますね。

さて、作品のほうですが、CGもあわせてけっこう楽しめました。

これこそ、続編を作っても良いんじゃないかな。シャークトパスを軽くディスってみる)

評価 8点
★★★★★★★★☆☆

[kanren]

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です