いつもごく自然に身近にいる存在。

当たり前のようなその存在が、ふっと消えてしまったとき。

とてつもない喪失感の中で、初めてその大切さを理解します。

そう、

トイレットペーパーの話 です。

今朝、2階のトイレでをし終えて(品の欠片もない)、いつものようにトイレットペーパーをガラガラッと軽快な音とともに引っ張ろうとしたら、ガラッ・・・と鳴って終わりました。(あ、切れた・・・)

でもね、後ろの棚にトイレットペーパーの予備を積んであるんで、慌てませんよ。

スッと振り返って・・・ 無い。

いつもの場所に1個も無い。

そういえばこの前、

のぶりん 「大変だー、トイレットペーパーが家にもう無いよー」

と言っていた気がする。

さては、1階のトイレに持っていったな。

手に残ったのは、わずかばかりのトイレットペーパー。

到底足りない。

ちょっと考える。

ウォシュレットで、キレイに洗い流しているから、水だけ拭くことができれば良い んだよな。

でも、この量ではやっぱり拭ききれない・・・。

もう、自然乾燥しかないな。

ある程度、水気が無くなったところで、ごく限られた貴重なこのトイレットペーパーで拭く。

これでいくしかないと腹を括ったものの、あんまり時間も無いのだ。

もしかしたら効果があるかもと、便器の上でお尻を振って水分を飛ばしてみたり しながら(誰にも見せられない)、タイミングを見計らい、時間的にもそろそろ限界というところで、ついにトイレットペーパーをお尻に当てました。

あ、いけたかも。

その後、ウキウキしながらパンツを履いたら、じとっ とイヤな感触が。(いけてない)

パンツを替えて出社しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です