他のサイトで散々取り上げられているし、もう数年も前のものなのでどうかとは思いましたが、これだけ紹介させていただきます。

ポール・ポッツ スーザン・ボイル が発掘されたオーディション番組に幼なじみの男女が登場。

その体型からいじめにあって自信を無くしていた17歳の男の子と、彼をいつも支えてきた16歳の女の子。

登場するやいなや、その容姿を見た辛口審査員の サイモン 「ダメだこりゃ」 と。

質問も適当に打ち切り、 「じゃ、頑張って・・・」 と投げやりです。

ダメだと思ったのは サイモン だけではなく、観客も似たようなものでしたが、2人のパフォーマンスに会場中の人間が度肝を抜かれます。

ジョナサンの歌声がずば抜けていたので、サイモンは彼女を捨ててソロで活動すべきだと助言しますが、シャイでほとんど口を開かなかったジョナサンが「シャーロットとデュオで活動するんだ」と明言するあたり、2人の絆の強さを感じました。

尚、この後に2人はプロデビューを果たしました。
CD買っちゃおうかしら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です