大規模な防災訓練に参加してきました。

私は心肺蘇生チームに属しまして、胸骨圧迫法の実践(けっこう疲れるのね)とAEDの使い方を学びました。

参加者から質問がありました。

参加者「先生、もし、胸骨が折れてしまったときはどうすれば良いのですか?」

先生「続けて下さい」

先生「折れた骨は治りますが、命は治りません」

一緒に参加していた人と、 「折れちゃったら、そのあと続けるのって精神的に無理だよね」 と話しているところへ、知り合いの消防士さんが登場。

今の話を伝えたら、 「自分、何度か折ったことありますよ。ポキっポキっと鳴りながらも続けます」 だそうで。

途中、お巡りさんと世間話(警棒、格好良いですね!とか)する機会もあったりして、なかなか楽しかったです。

半日がかりですべての訓練を終え、ペットボトル1本もらって 帰りました。

今日習ったことを使う日は来てほしくないですけど、いざというときには役に立てるかしら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です