95-96シーズンにブルズが打ち立てた72勝に並び、NBAレコードとなる 73勝 に到達するのか注目を集めた最終節。

会社を休んで観ようかと思いましたが、それも叶わず、帰宅してから録画でチェックです。

見事に73勝達成。

歴史に残る瞬間を目にしました。 (録画だけど)

今シーズンの戦いぶりがまとめられていました

この記録って破られること無いんじゃないかしら。
(ブルズのときもそう思ったけど)

ちなみにブルズが記録を打ち立てたときは、神様Jordan、相棒Pippen、リバウンド王Rodmanを擁していたんですね。そうそうたるメンバーです。

あと、この試合で Stephen Curry も大記録を作っています。
1シーズンでの3ポイント 400本成功 という、これももう破れないんじゃないかな。

400本目!

残り8本というところでの最終節だったので、ちょっと厳しいかと思いましたが、第3Q早々に記録樹立。
そのまま試合に出続ければ、自身が持つ1ゲームで12本成功というのも破れそうでしたが、プレーオフのことも考慮したようで、10本目(通算402本目)を決めてベンチへ。こちらの記録は来シーズンのお楽しみにしておきましょう。

1シーズンの3ポイント成功数の歴代ランキングがこちら。

1位 Stephen Curry (15-16) 402本
2位 Stephen Curry (14-15) 286本
3位 Klay Thompson (15-16) 276本
4位 Stephen Curry (12-13) 272本
5位 Ray Allen (05-06) 269本

どれだけ今回の402本がずば抜けた記録かお分かりいただけたでしょうか。

そして、1位から4位までスプラッシュブラザーズ ですよ。

その2人が同じ時代に同じチームに居るんですから、

どれだけズルいか。 (ズルいって・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です