知ってる? (馴れ馴れしいな)

Golden State Warriors Stephen Curry Klay Thompson の2人を指している愛称なんです。

スプラッシュって水しぶきの意味でして、ボールがリングに触れずにシュポッと入り、網がシュッと上がるアレを表しています。

2人のシュートがあまりに美しく次々と決まるので、この愛称が付いたんですね。

しかも、2人とも3ポイントの成功率が40%を超えるという、相手チームにとったら厄介なことこの上ない存在。

しばらくの間、NBAはオールスターしか観ていなかったのですが、去年の3ポイントコンテストで Stephen Curry が新記録で優勝し、今年は Stephen Curry Klay Thompson が決勝に進み、 Klay Thompson が大会タイ記録で優勝。

こんな2人が所属する Golden State Warriors の試合が観てみたいと、最近観始めました。

チームは昨シーズンから今シーズンにかけて、ホームゲーム 54連勝中 (ちなみに過去はChicago Bullsの44連勝が最多) と、とんでもない記録を更新中です。

しかも、残り8試合を6勝2敗で終えれば、神様 Michael Jordan を擁した Chicago Bulls のシーズン72勝(10敗)を上回るという・・・。

試合を観ていて思いましたが、けっこうショックでした。
やはりこの2人が居るチームなだけあって、試合運びが他のチームと違いますね。

スティールからのカウンターでレイアップでもダンクでもなく、3ポイント狙っちゃうしね。しかも決まるという。

2ポイントずつ得点を重ねる相手チームに対して、ポンポン3ポイントを決めていくエゲつなさ。
3ポイントって確率が悪いから、放る数も少なくなるんですけど、このチームの3ポイントシュートの数ってかなり多いですよ。

Stephen Curry については個人記録もえらいことになっていますので、皆さんネットで調べて下さい。 (面倒になってきた・・・)

彼の記録は、単純にNBAで1番というものではなくて、異次元的な、ダントツの記録となっています。
もう、誰も抜けないんじゃないの? って感じの記録が多数です。

Stephen Curry プレイ集。

従来の3ポイントシューターは、味方のスクリーンなんかでフリーの状況を作ってゴールを狙うというのが定番ですが、彼の場合は自らシュート場面を作ることができるというのが強みですし、3ポイントラインはあまり関係なくて、かなり離れたところからでも普通に決めてきます。ショックでした(笑)

で、彼の影に隠れがちなんですが、実は Klay Thompson も彼と同等クラスの実力者。
一度入り出すと止まらないタイプで、その点では Stephen Curry 以上じゃないかと思います。

昨シーズン、クォーターでのNBA得点記録を更新しました。
なんと 37得点 です。しかも、 1本も落とさず100%の成功率。(大事件です)

37得点を記録したときのハイライト。

3ポイント 9本 決めてますからね、とんでもないですよ。(コレも新記録)
ちなみに過去の記録は33得点でありました。

どうでしょう、少しは興味を持っていただけたでしょうか。

惜しむらくは、WOWOWでの放送数の少なさ。
もっと放送してよー。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です