悪魔が棲む家666
(画像無し)

6月6日。
カルト宗教の集団が暮らしている地域で、6人の女児が続けて誕生しますが、これは古くから伝わる悪魔誕生の予言とピッタリ重なります。

6月6日に6人の女児が誕生するだろう。
その女児が18歳の誕生日を迎えるとき、最後に生き残った者が悪魔の手先として降臨する。

集団を率いる神父が、生まれたばかりの6人の女児を殺そうとしますが、父親の1人がそれを阻止し、17年が経ちます。

6人は姉妹のように育ち、いつでも一緒。
間もなく訪れる18歳の誕生日をどう過ごそうかと楽しく話しています。

しかし、周囲の大人たちは気が気ではありません。
予言の日が近付いているのです。

そんなとき、6人のうちの1人が行方不明となり、間もなく死体で発見されます。
さらにまた1人・・・。

18歳の誕生日、最後に生き残った者が悪魔の手先となる。

果たして・・・。

予言は宗教団体を維持するための作り話でありますが、狂信的な信者たちは疑うことを知らず、神父を筆頭に彼女たちを追い詰めていくストーリーですけど、実は本当だったというオチ。

覚醒してから面白かったですが、そこまでが長い。
そして覚醒後は一瞬で終了というね。

ちなみに、悪魔の棲む家というタイトルもあります。
間違えやすいね。

評価 6点
★★★★★★☆☆☆☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です