バルセロナが3度目の世界一に輝きました。

準決勝を欠場していた メッシ ネイマール もスタメンに名を連ね、現在考えられるベストメンバー(ベストコンディションではないだろうけど)での決勝となりました。

試合は、バルセロナペースで展開され、前半に メッシ が先制点。
後半には スアレス が2得点を記録して、3-0で試合終了。

途中からは、みんなが ネイマール に点を取らそうと、お膳立てをし始めたりして、2チームの実力差がハッキリと出ていました。

世界一のパスワーク集

MVPは、一大会での得点記録を塗り替えた スアレス が受賞です。(5得点、しかも準決からの登場なので2試合だけ)

ちょっとした裏話として、リーベル・プレートの クラネビッテル は、今夏、アトレティコ・マドリーへの移籍が決まっていたのですが、シメオネ監督 から 「お前がいないと戦えないだろ」 と、今大会を終えてからの合流で良いと言われていたそうです。

ということで、1月から合流するようです。

アトレティコ・マドリーの試合は毎節観ていますので、こちらも楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です