ゾンビ・コップ[Blu-ray]

ゾンビ・コップ

1988年制作の作品。
タイトルの通り、ゾンビが出ます。

やったね!
(ゾンビ好き)

驚いたのは昨年 Blu-ray が出たってこと。
ということは、けっこうな人気作なのかな。

ホラーコメディです。
年代的にCGじゃなくて、特殊メイクなんですけど、けっこう頑張っています。

とある街で、連続強盗事件が起きていたのですが、ついに警察がその現場を抑えます。
ジュエリーショップから、大量の貴金属をゲットした強盗2人組みが出てきたところで、一斉射撃。

しかし、強盗はいくら銃弾を撃ち込まれても倒れることなく、反撃をし続けます。
実は、ある研究所で、死者を蘇らせる装置が開発され、死後の肉体がどれだけ持つかという実験を兼ねて、強盗を行っていたのです。

そう、ゾンビです。
銃で撃っても死にません。

そこに登場した破天荒な警察官の2人。
車で犯人に突っ込んで木っ端微塵にしておしまい。

その後、いろいろあって、2人もゾンビになっちゃうんですが、今時のゾンビと違って、意識は普通にあるんです。
ただ肉体が死んでいるだけで、だんだん腐っていくだけで、生前と何も変わりません。

肉体を崩しながら、研究所を破壊しに・・・という作品。

特殊メイクは頑張っているけど、ちょっと作り物感が強いなと思ってしまうあたり、CGに慣れ過ぎている自分が残念でした。

逆に、ここはどうやって撮影しているのかしらと興味があったのも事実。

最後、「俺達、生まれ変われるかな?」 と、肉体の滅びゆく2人が話しています。

「自分で選べたらいいよな」

「政治家とか大統領とか?」

間もなく死を迎えるという神妙な場面ではありますが、「女性用自転車のサドルだな」 で、意見が一致しているのが素敵でした。

評価 6点
★★★★★★☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です