113年間、互角!

というキャッチフレーズをWOWOWが掲げていた通り、1902年の初対決以来、計230試合が行われていますが、

レアル 92勝、バルサ 90勝
(引き分け48試合)

と、ほぼ互角の内容なんです。

ここまで均衡しているライバルチームも珍しいのではないでしょうか。

今回の舞台は、レアルのホームであるサンティアゴ・ベルナベウです。
ホームのレアルが有利という声も多数ありましたが、その結果は驚くべきものとなりました。

レアル 0−4 バルサ

2010年のクラシコで、ホームのバルセロナが5−0で勝ったときも衝撃でしたが、今回はレアルのホームですからね。
その衝撃も相当なものがあります。

2010年のクラシコ。

今回は シャビ が去り、イニエスタ がキャプテンになって初のクラシコでした。
その イニエスタ もキレていまして、試合を決定付ける3点目の得点は圧巻でした。

まさにゴラッソ。

これで、レアルのリードは1勝となりました。
次はバルサのホームで行われますので、もしかしたら、まったく同じ勝利数となり、正真正銘の互角となるかもしれません。

ドキドキ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です