ドゥームズデイ アンレイテッド・ヴァージョン [Blu-ray]

ドゥームズデイ

ゾンビウィルスが流行した街を塀で隔離して20数年。

塀の中に生存者は存在しないはずでしたが、定期的に中の様子を監視していたチームから、「生存者らしき姿を発見」 と驚くべき報告が上がってきます。

また、それと時を同じくして、麻薬捜査チームから、安全なはずの塀の外で 「ゾンビを発見した」 と報告が上がってきます。

前回は街ごと隔離という手段しかとれませんでしたが、塀の中に生存者がいるということは、ゾンビウィルスに対抗する術があるのかもしれません。

対策への猶予は48時間。
精鋭が集められ、何が起こるか分からない塀の中へ・・・という作品。

この作品、ドキドキするようなスタートで、期待に胸が膨らみました。

だんだん萎みましたが。

ゾンビ、全然出てこないの。
本当に最初だけ。

塀の中ではどうやったのか分かりませんが、生存者が沢山。
そして、そこは 北斗の拳の世界 となっておりました。(悪党だらけ)

その悪党との戦いが映画の大半を占めているので、ゾンビ好きの私にとっては・・・。

最後、役目を終えた主人公は、その悪党の長に収まるという、わけのわからない終わり方もしちゃうし・・・。

精鋭チームにいた女性( Nora-Jane Noone )がキレイだったので、その後の活躍を期待しましたが、呆気無く死んでしまいました。

ガッカリです。

評価 5点
★★★★★☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です