シルバーウィークっていうものが出来まして、9月19日から5連休の会社が多いですね。
うちもそうです。

ただ、いろいろと忙し過ぎてですね、こんな感じの予定にしてみたら、家族からの ブーイング がえらいことになりました。

19日 休み
20日 仕事
21日 休み
22日 仕事
23日 仕事

本当はぐりんぱに行きたいらしいのですが、もう少し近場でお出掛けをすることにしまして、静岡市まで行ってきました。

目的地は県立美術館と科学館(る・く・る)です。

県立美術館は、私が行きたいだけですけど。

車のナビは故障して一切使えませんが、以前はちょこちょこ行っていただけあって、私の頭のナビは完璧です。

ということで、15分ほどロスしたような気もしますが、無事に目的地へ到着しました。(コースを外れたらしい)

今回の企画展はこちらです。

DSC04912

霊峰富士ですな。

世界遺産にも登録されましたし。(ずいぶん経つけど)

DSC04913

駐車場から美術館までは、ちょっとしたハイキングコースみたいになっています。
そして、そこかしこに芸術作品があるのです。

DSC04842

美術館です。

受付でちょっと迷いました。
企画展も見るのか、常設展だけにするのか。

個人的には、というか のぶりん もそうだったので、親的には 富士山のほうには興味が無かった のですが、せーちゃん がどうしても見たいということで、奮発して企画展付きの券を購入して入場。

あとで、

せーちゃん 「早く出ようよ」

とか言い出しましたが・・・。

企画展では、いろいろな富士山が見れました。

で、私の大好きな ロダン館 ですよ。

ここは、フラッシュを焚かなければ撮影OKです。

ということで、バシャバシャと撮りましたよ。

DSC04896

入り口です。

DSC04895

カレー市民達。

私のような カレー好きの市民という意味ではありません。 (知ってるわ)

DSC04860

たくましいおじさん

DSC04853

悩むおじさん。

DSC04867

こちら、有名な地獄の門です。

ゆーちゃん、この前でピースサインで記念撮影しました。

地獄の入り口前で良いんでしょうか、そんなことして。

DSC04869

斜めから。

DSC04878

こちら、有名な考える人です。

DSC04885

おてて。

DSC04887

モノクロで。

先日の資生堂と同じく、こちらも ハイテクの波に襲われておりました。

入り口のところにロダン館の館内全体をバーチャル体験できる機器が置かれています。
イメージがつかない方は こちら へどうぞ。(ネットでも公開しています)

ネット上のものには無いんですが、ここにあるものは クイズ機能 も搭載されています。

「木の実をつまもうとしているのはどの作品?」

とか出されたら、画面を動かして該当する作品をタッチすると正解とか不正解とかね。

ゆーちゃん はパソコンの前に座ってマウス操作。
せーちゃん はその横にある大型タッチディスプレイで直接タッチ操作。

2種類の操作方法がありますが、同じものを操作していますからね。
2人の操作が干渉して、大騒ぎです。

「ちょっと、ゆーちゃん触んないでよー」 とか。
「せーちゃん、やめてー」 とか。

ロダン館を堪能して、ちょっと休憩スペースへ行きましたら、

DSC04901

ロダン体操放送中です。

DSC04902

ロダンの作品と同じポーズを決めながらの体操だそうです。

興奮して、写真が斜め になっていますが、ご容赦ください。

DSC04911

一緒に体操する人たち。

お昼は静岡駅にある、お蕎麦屋さんで。
(実は、他の場所にあった海鮮丼屋さんへ行ったんですが、定休日だった・・・)

DSC04915

カレー南蛮そばとカツ丼です。

美味しかったです。

その後、科学館(る・く・る)へ。

DSC04926

これ、面白かったです。

真っ暗な闇の中にある迷路からの脱出ゲーム。

本当に真っ暗で、何も光がありません。
手を四方八方に伸ばしながら、進んでいきます。

小さい子がチャレンジしていましたが、何度も壁に激突していて可哀想でした。 (柔らかいけどね)

3時間ほど遊んでから帰宅です。

マルシェにあるのっぽパン専門店に寄ったんですけど、お店が消えていました・・・。

地味にショック とはこのことです。

DSC04948


サービスエリアで買った四角い焼き芋「フゥ〜」です。

美味しかったですよ。

本当は200円ですが、今日はサービスで 180円 でした。

もしかしたら、 いつもサービスデーかもしれませんが。

いつものように、帰りの車の中で2人は眠ってしまいました。

尚、今回の道中は ジュリー 一色でした。

沢田研二 A面コレクション

沢田研二 A面コレクション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です