ランダム 存在の確率 [DVD]

彗星が地球に最も接近するとき、異常現象が起きる という作品。

久し振りに集まった仲間たちと楽しくパーティーをしていると、突然電気が消えました。
外に出てみると、周囲の家も暗くなっており、この一帯が停電していることが分かりましたが、少し先に1軒だけ明るい家があります。

「俺、電話を借りに行ってくる」

何故か、携帯も固定電話も不通になっていたのです。

しばらくして、青い顔をした男が戻ってきました。

「どうしたの?」

「・・・俺たちが居た」

「どういうこと?」

「あの灯りのついた家に行ったら、俺たちが居たんだ・・・」

ここから、異常な世界に迷い込んでいくことになります。

「電話を貸してもらえるように手紙を書いておいてくる」

「やめなさいよー」

「紙とペンをくれ」

「よし、出来た」

「キャー、誰か窓の外に居たわ」

玄関のドアを開けて周囲をうかがいますが、誰もいません。

しかし、ドアに張り紙があり、それを家に持ち込むと全員の顔が青くなりました。

先程書いていた手紙とまったく同じ文面で、文字もまったく同じ。

さて、彼らの運命は・・・。

途中まではドキドキする展開で面白かったです。
でも、最後はなんだかなと。

ちょっと勿体無い感じの作品でありました。

評価 7点
★★★★★★★☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です