せーちゃん の自転車があまりに小さいので、新しいのを買おうかという話になっています。

先日行われた子供会の夏祭りで、せーちゃん が同学年の子たちの自転車を見て、「私の自転車、小さい」 と気付いたそうです。(たしかに小さいのよね)

で、せーちゃん の自転車を ゆーちゃん へ。

ゆーちゃん は親戚の男の子からもらった青い自転車があるんですけど、あまりにその自転車が重いため、嫌がって乗らないのです。

先週末、補助輪を取り付けて ゆーちゃん に贈呈したんですが、その補助輪を取ってと言うんです。

まだ早いんじゃないかと思いつつも取ってあげて、炎天下の中、練習です。

年長さんということもあるのか、ハンドルを使わず、まっすぐ進むだけならちょっと乗れていました。

でも、早々に 「暑いから、もうやめる」 と言って、家の中へ。

あんたが、練習するって言ったじゃん・・・。

また近いうちに練習しましょう。

ただ、気になることを言っています。

ゆーちゃん 「水色か、紫色の自転車が良いな〜」
(お姉ちゃんから譲り受けたのはピンク色)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です