今朝もおじいちゃんだった k-kaz です。 (5時半起き)
みなさん、こんばんは。

最近、私を除く家族がTSUTAYAにハマっています。
のぶりん せーちゃん はコミック目当てで、ゆーちゃん はDVD目当て。
(コミックのレンタルもしちゃうなんて凄いですね)

で、今日が返却日だったので、TSUTAYAへと向かったわけですが、途中に公園があるので寄ってみようかなと。

k-kaz 「公園に寄っていく?」

車の中で子供たち、大歓声 です。

公園が見えてきたところで、違和感が。
公園の周辺に 無断駐車の嵐 です。

隣接しているテニスコートで大会が行われているようで、黒山の人だかり。
テニスコートの駐車場はもちろん、公園の駐車場もいっぱいです。

正確には公園の駐車場は4台あり、そのうちの1台は空いていたんです。
でも、そこには車椅子マーク。

少し待っていたら、1台の車が動き出しました。
公園をあとにするようです。

k-kaz 「よし、今だ!」

空いたところに入れようとしたら、そこにも車椅子マークが。

k-kaz 「・・・」

k-kaz 「今日は停められないから、公園は中止にしよう」

子供たち、大ブーイング。
ゆーちゃん、大泣き。

仕方無く、少し離れた 有料駐車場 に車を停めて、歩いて公園へ。

DSC04498

しばらく大型遊具で遊んだあと、「ブランコ行こう!」 と子供たち。
2人並んで仲良くこいでいましたが、せーちゃん が私のところへやってきました。

せーちゃん 「酔った・・・」

父譲りの三半規管。

その後、せーちゃん 幸せを呼ぶ四つ葉のクローバー探し に熱中。
ゆーちゃん は再び大型遊具で、汗をダラダラ流しながら遊びました。

続いてTSUTAYAへ。
レンタル品の返却と、新たにレンタルをしてさようなら。

次に向かったのは香りの博物館。
ここは全く予定に無かったのですが、突然2人が思い出したかのように 「香りの博物館に行く!」 と言い出したために寄りました。

入り口の自動ドアを抜けると、目の前に券売機があります。
そこでは、お姉さん2人が券売機を開けて中を覗きこんでいました。

私はその後ろに立ち、熱い視線を送っておりました。

私の 変態光線 に気付いた お姉さん が、「失礼しました、こちらへどうぞ」 と、受付窓口に案内してくれました。

k-kaz 「大人1枚と、子供1枚です」 ゆーちゃん は無料です)

お姉さん 「大人1名と、お子さん1名ですね・・・カタカタ(電卓の音)

電卓を打ち終えた お姉さん。

お姉さん 「400円になります」

大人300円、子供100円で400円なんです。

電卓を打つ必要性があったのか疑問ですが、 可愛かったので良いです。 (何だそれ)

中に入ると、子供たちはいつものごとく 香りの小部屋 に一直線。
次から次へと小部屋を移動し、一向に終わる気配がありません。

ちなみに今回の企画展示はこちらでした。(昨日から開催)

DSC04526

企画展示っていつも撮影禁止なんですけど、今回は一部を除いて撮影可能と書かれていたので、遠慮なく。

DSC04519

普通は、穴から顔を出した状態で撮影するので、空のままって違和感ありますね。

DSC04523

南蛮風衣装その1。

DSC04525

南蛮風衣装その2。

小部屋から出てきた子供たちを連れて、企画展示へ。
小瓶に入った 唐辛子 とか 胡椒 の匂いを嗅ぐごとに 「うわぁ~」 と言い、 「鼻がおかしくなったから、メロンの部屋(香りの小部屋にあります)に行ってくる」 と走って行く子供たち。

メロンの匂いを嗅いでも、鼻が治るとは思えません。

その後、塗り絵コーナーで足止め。
うちの子たち、塗り絵好き。

1時間以上、塗り絵をしていました。

パパ、暇です。

DSC04527

完成品です。
左が せーちゃん で、右が ゆーちゃん です。

結局、2時間以上ここにいまして、最後にスーパーで買い物をして帰りました。

そうそう、のぶりん はお掃除でお留守番でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です